ホーム > 当院の紹介 > 理事長 ご挨拶
サイトマップ

当院のご紹介

理事長 ご挨拶

必要とされる医療の提供と信頼される医師の育成を目指して

社会医療法人尾中病院理事長 尾中宇蘭

私ども医療法人尾中病院は、昭和21年に初代理事長である尾中正春が、当地に尾中診療所を開設したことを礎としています。以来、半世紀以上にわたり、地域医療に貢献することを第一の目標として歩んでまいりました。その道のりは必ずしも平坦なものではありませんでしたが、時代や社会のニーズに合わせて、必要とされる医療を提供したいという姿勢に変化はありません。
初代理事長が私財を投げ打ち、特定医療法人へと改組した理由も、医療は私物とするべきものではなく、地域に根差した公共財たるべしという想いの表れでした。こうした初代の想いと、職員の熱意、さらには地域の皆様からいただいた多大なるご支援を束ねて、今日の尾中病院があります。


現在、尾中病院では、一般(60床)、療養(60床)、介護(60床)の3つの病棟での入院診療と、内科(循環器・糖尿病の専門外来を含む)、外科、整形外科、脳神経外科を中心とした外来診療を行っております。また、救急指定病院の告示を受けており、微力ながら地域の一次・二次救急医療の一翼を担っていると自負するところです。
高齢化の進む地域において、急性期医療から回復期、慢性期そして介護まで、切れ目のない良質な医療・福祉の提供を実現することが、我々の心からの願いです。


私どもでは「患者さんと共に『病(やまい)』を考え、安心できる心の通った医療を提供します」を基本理念に掲げ、患者さんの立場に立った医療・福祉を提供できるように努めております。医療とは決して医療者から一方的に押し付けるものではなく、医療を受ける患者さんと二人三脚で進んでいくものだと思うからです。
そのためには、まず患者さん、そして地域の他の医療・福祉・行政機関の皆様と、ゆるぎない信頼関係を築くことが何より重要だと考えています。我々はそうした信頼できる人材を育てることに、全力を挙げて取り組んでいます。
職員一同皆様にご満足いただける病院をめざして、一丸となって日々努力を続けていく所存でございますが、お気づきの点がございましたらいつでもご指導ください。
今後とも末永くご支援を賜りますようお願い申し上げます。

           2009年8月
医療法人尾中病院 理事長 尾中 宇蘭