ホーム > 看護部 > 看護部長 あいさつ
サイトマップ

看護部

看護部長 あいさつ

社会医療法人尾中病院看護部長 八谷佳子

尾中病院看護部は、「やさしさ・思いやり・笑顔」をモットーに、病院の理念のもとに患者様一人ひとりを尊重する心の通う、質の高い看護を心がけています。
また、平成18年の4月の診療報酬改定で看護配置基準が新設され病院における看護師確保は、看護の質の向上はもちろん病院経営においても優先事項のひとつになっています。また、少子高齢化に伴って医療においても国の施策が病院完結型から地域完結型に転換しつつあり、そのために在宅医療の充実を推進する方向へ向かっているのが近年の大きな特徴です。


当院においても退院される患者様が引き続き療養を必要とする場合、病院は、保健医療サービスあるいは福祉サービスを提供する者と連携を図り、適切な環境のもとで療養の継続に配慮しなければなりません。そのためにも、私たち医療従事者には、患者様が入院から退院した後も安全で安心のいく生活が送れる援助を提供することが求められます。このような環境の中で人々から信頼される医療環境を保つためにも、医療チームの一員である看護者には、人々の多様なニーズに応じた質の高い看護を提供することが求められています。改めて、院内教育の重要性を痛感しています。
それに伴い当院でも平成19年に新人チェックリストの見直しを行い、1日も速く環境・業務に慣れるように支援することに努めています。また、看護者を育成するには、知識・技術の習得を支援することはもちろんですが、それとともに、専門職としての自覚を高め、創造性・人間性を自ら育むことができるような環境づくりが大切になります。


そこで看護部は、平成8年度より外部講師による院内研修に力を入れてきました。これからも患者様や家族の立場に立った援助ができるように努めていきたいと思います。 アットホームな環境で一人ひとりの思いが伝わる職場で一緒に働いてみませんか。 今、勤めたいと悩んでいる貴方、お待ちしています。

           2009年8月
医療法人尾中病院 看護部長 八谷 佳子