ホーム > 看護部 > 教育計画
サイトマップ

看護部

教育計画

目標 1.患者のニーズに適した看護能力を高める。2.専門職業人としての能力を養う。

■基礎コース

  基礎Ⅰ 基礎Ⅱ 基礎Ⅲ
対象 卒後1年 卒後2年 卒後3年
目的 受け持ちNS として看護過程を展開する能力を育成する
目標 ①専門職として、社会人としての自覚を持つ
②ケア・業務が正確かつ安全に実施できる
③チームメンバーとしての役割を理解し行動する

①受持ちNSの役割が理解できる
②看護技術を効果的に実践できる
①受持ちNSの役割が実践できる
②後輩指導や学生指導ができる
研修内容 OJT
①新人オリエンテーション
②新人チェックリスト
③「ふりかえり」レポート
④指導受けながら看護展開する。
①看護過程の展開
②カンファレンス
①後輩指導
②各委員会の役割
Off-JT
集合教育
①技術研修
②救命救急学習
集合教育
①受持ちNSの役割
②院外講師による学習会(問題解決法・看護援助能力の向上など)
集合教育
①リーダーシップ
②院外講師による学習会(問題解決法・看護援助能力の向上など)

■専門コース

  ターミナルケア コミュニケーション
技法
看護管理 看護研究
対象 全看護職員 全看護職員 全看護職員 全看護職員
目的 ターミナルケアに付いて学び、自己の看護観を深め、看護実践に役立てる よりよい人間関係を築くための能力を高める 病院における管理者の視野が広がるとともに、相互の連携が深まる 教育委員が企画
目標 ①ターミナルステージにおける看護師の役割がわかる
②その人にあった終末期の援助のあり方を学ぶ
①自己を見つめ他者とのかかわりの中で自己・他者について学ぶ
②患者・家族との信頼関係を確立する為のコミュニケーション技術を学ぶ
①職場での問題発見ができ、解決に取り組む事ができる
②他部署との連携ができる
 
研修内容 Off-JT
①自主研修
②院外研修
院外講師による学習
①コミュニケーション技術
②交流分析
③面接技法
①院外講師による学習
②看護に関するコストについての学習
③自主研修