ホーム > 外来のご案内 > 敷地内禁煙のお願い
サイトマップ

受診される方へ

敷地内禁煙のお願い

敷地内禁煙につきまして

敷地内禁煙のお願い

平成17年11月1日より尾中病院の敷地内はすべて禁煙となっています。
敷地内とは、建物内のみならず、屋上や駐車場など、屋内外を問わず病院敷地全体を示します。
平成15年5月1日施行の健康増進法第5条において
「病院、学校、官公庁など多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用するものについて、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるよう努力しなければならない」と規定されました。

受動喫煙とは他人のタバコの煙を吸わされることをいいます。
喫煙が健康に及ぼす影響は大きいことが知られています。肺がんをはじめとするがん、心臓病、脳梗塞、(妊娠合併症、乳幼児突然死症候群)などの多くの病気を喫煙がひきおこすことが明らかにされております。
喫煙は喫煙者だけでなく、たばこを吸わない家族や周囲の健康に悪影響を及ぼします。

これらの観点から尾中病院は敷地内禁煙としました。

病院は皆様の健康を守るという社会的使命があります。
患者様のみならず、ご家族およびお見舞いの方々、来院者、病院職員すべての人の健康を守るために、尾中病院敷地内禁煙にご理解とご協力をお願いいたします。

ページの先頭へ