ホーム > 外来のご案内 > 診療科のご案内 > 漢方医学診療内容
サイトマップ

受診される方へ

診療内容

診療内容 スタッフ紹介 外来勤務表

漢方診療内容

漢方医学

漢方診療では、病気の部分だけを治療するのではなく、全体を診て、総合的に診療を行います。症状を引き起こしている「こころ」と「からだ」のバランスの崩れ具合を読み取り、正常な状態へもどすように薬を処方します。その際、患者さんの体質や体力、病気に対する抵抗力には個人差がありますので、その点を考慮しながら薬を決定します。病気を引き起こす原因を取り除き、不足しているものを補う治療を行うのが基本となります。そして、本来備わっている自然の回復力や免疫力を最大限に引き出します。最終的には、体質改善を図り、病気になりにくい体をつくることを目標としています。
漢方医学の理論に基づいた視点で治療を行いますので、西洋医学でカバーできない症状や疾患に対しても治療が可能な場合もあります。様々な症状でお困りの方、西洋医学的な検査では異常がないのに体調が悪い方は、ぜひご相談ください。なお、当院の漢方外来では漢方薬を中心に使用しますが、必要に応じて、西洋医学的な検査や治療薬も用います。

 

漢方が得意とする病態には以下のようなものがあります。

  • 1. 疲れやすい
  • 2. 体がむくみやすい
  • 3. しょっちゅう風邪をひいている
  • 4. 下痢や便秘を繰り返している
  • 5. 胸の辺りがなんとなくつかえるが検査では異常ないと言われる
  • 6. 使っている西洋医学の薬が合わない
  • 7. 手術で落ちた体力を回復させたい

漢方外来スタッフ紹介